EDの治療に適した治療薬を選ぶコツ

せっかくいい雰囲気になったのに、まったく役立たずで女性に気を使わせてしまった、女性をガッカリさせてしまった、そんな体験があると次に女性と会うのが消極的になってしまいますね。いまの時代はED治療が進んでいます。専門機関を受診して、正しい治療を行いましょう。

EDで悩んでいるのは自分ひとりではない

まさか自分がEDで悩むことになるなんて、誰でも同じ事を考えるそうです。EDはストレスや加齢が原因と言われているので、思い当たる節がある男性も多いのではないでしょうか。もちろん、今の時代は医学が進歩しているので、正しい診察、正しい治療を行えばEDの悩みもすぐに解決することができます。ただ、人によっては病院に行くまでが苦労すると言います。恥ずかしいという気持ちがどうしてもぬぐいきれないんですね。しかし、ED治療を行っている専門機関は内科や泌尿器科が多いので、特に人の目を気にすることなく診察に出向くことができます。症状が悪化する前に、もしかしてEDかなと自覚症状がある場合は早めに診察を受けましょう。

ED治療薬の種類を知ろう

いま日本の病院で処方されているED治療薬は全部で3種類あります。
・「バイアグラ」日本ファイザー社
バイアグラ50mgに対してクエン酸シルデナフィルが70.23mg含まれています。このクエン酸シルデナフィルにはシルデナフィルが50mg含まれています。ED治療薬として定番で、食事の影響を受けやすいため、空腹時に服用するよう指導されます。 ・「シリアス」日本新薬
シリアス20mgに対してタダラフィル20mgが含まれています。持続性があることで知られています。およそ30時間から36時間ほど効果が持続します。 ・「レビトラ」バイエル薬品
レビトラ20mgに対して塩酸バルデナフィル水和物が23.074mg含まれています。この塩酸バルデナフィル水和物にはバルデナフィル20mgが含まれています。食事制限は必要ないようで、即効性が期待できるお薬です。性行為を行う1時間ほど前に服用するといいそうです。

ED治療薬を服用する際の注意点を確認

EDの治療薬は専門機関で受診をして、正しく処方してもらうことが大前提です。最近ではインターネットでも色んなタイプが売られているようですが、模造品や偽造品ばかりなので、ネット購入はお勧めしません。人にはそれぞれ体質がありますから、専門機関で専門の先生にしっかり診察してもらい、自分に合った薬を処方してもらうことで安全にED治療を行えることを是非覚えておいてください。それから病院で処方されたED治療薬を服用して、頭痛や動悸、顔のほてり、鼻づまり、目の充血などの副作用を感じた場合は、担当医にご相談ください。

いかがでしたか? 一人で悩んでいても問題は解決しませんし、症状が改善させることもありません。専門医の指導の下、効果が期待できる薬を処方してもらい、日常生活の改善にも努めてみましょう。ストレスを感じているなら趣味に没頭したりリラックスする時間を設けてみてください。栄養バランスの乱れを感じているなら食事を見直してみてください。血流を悪くするタバコは出来るだけ控えるか、この機会に禁煙を頑張ってみてはいかがでしょうか。

Copyright(c) 無駄な知識シリーズ~「男性器」のこだわり~ All Rights Reserved.