精力をアップさせるための方法をまとめました

せっかく男として生まれてきたのだから、生涯男としての自信を持ち続けたいと誰もが思うものではないでしょうか。年齢を重ねるごとに「昔はこんなふうじゃなかったのに」と落ち込んでいる男性にこそ、精力アップの方法を覚えて帰ってほしいと考えています。

精力アップのための投薬治療

EDの治療といえば投薬治療が一般的に知られているかもしれませんね。まずは専門機関を受診します。担当医による診察や問診が行われ、必要に応じてバイアグラなどの治療薬を服用することになります。バイアグラは1998年にはじめてアメリカで発売されてから、今では日本でも一般的なED治療薬として使われていて、保険適用外の薬に分類されます。

トレーニングで精力アップが可能らしい

トレーニングで精力がアップすることを知らない方も多いようなので、もしも勃起不全が考えられる場合は是非日々のトレーニング法のひとつとして取りいれてみてください。鍛えるのはピューボコクシギウス筋、通称PC筋と呼ばれている部分です。おしっこを止めるときに使われる筋肉のことですが、年齢を重ねるごとに残尿感が残ったり、おしっこの切れがなんとなく悪く感じるのは、このPC筋が衰えていることが原因になっているといわれています。鍛え方は、肛門に力を入れたり緩めたりを繰り返すだけでOKです。PC筋が鍛えられることで、血流の量が増えるため勃起力が改善されると言われています。

成分注入して増大術

女性のプチ整形などにも使われるヒアルロン酸の注入。これを男性器にも使う方法があるそうです。増大術と呼ばれる方法で、男性器にタンパク質となるヒアルロン酸やアクアミド、バイオアルカミドなどを注入する方法です。男性器自体にハリがでて、施術後のおよそ数日後には性交渉が可能と言われています。このほかにも、自分の下腹部や太ももなどの脂肪を吸引して、男性器に注入するという方法もあります。サイズアップを希望する男性に特に支持されている施術法らしいですよ。

医療用のシリコン(ペニスリング)挿入

亀頭の下に医療用のシリコンを挿入する方法です。男性ひとり一人の希望に合わせて挿入できるそうなので、どんな形が理想なのか事前に考えておくといいでしょう。男性自身の精力アップだけでなく、女性に与える刺激も増えるようで、二人の関係がマンネリ化してきた夫婦や恋人、年齢を重ねて刺激がなくなってきたカップルなどに人気がある施術法だそうです。専門機関で施術が行われるので心配はいりません。男性器の特徴に合わせてどんなサイズが適しているのか、どの位置に挿入するといいのか専門医によるアドバイスがあります。普通に暮らしているときにも違和感を感じないので、精力アップや男性器が細くて自信を持てないという男性は医療用シリコン(ペニスリング」の挿入を検討してみてはいかがでしょうか。

いかがでしたか? 手軽に始められるものや、施術と聞いてちょっと驚いてしまったものまであったかもしれませんね。これらはすでに精力アップのために取りいれている男性が非常に多いことで知られています。どの方法が自分に合っているのか、自分自身の体と向き合って適した方法を取りいれてみてくださいね。

Copyright(c) 無駄な知識シリーズ~「男性器」のこだわり~ All Rights Reserved.