絶妙な感覚に発情してしまうフェティシズムとは?

顔や胸、唇など、人によって相手の体で興奮する場所は様々です。セックスの際も、女性の裸を見たいのが男の願望です。しかし、フェチと言うのは不思議なもので、直に見えてしまうとあまり興奮しないものです。
「見えそうで見えない」「もうちょっとで見えるんだけど…」と、全てを見たいはずなのに見たくない…そんな感覚に男はムラムラしてしまいます。女性であれ男性であれ、フェチの感じ方は同じなのでしょうか??
見えてしまうと、そこで試合終了
人は欲求を叶えてしまうと、満足してしまいます。叶いそうで叶わないくらいが、一番欲求を刺激すると言われています。女性の服を脱がす時や、いざ行為が始まる瞬間はもの凄く興奮するものです。
妄想がかき立てられることによって、期待感は何倍にもなります。それが呼び水となって性的興奮を高めて恍惚となるのがフェチの本質でしょう。
見えないから妄想する
妄想は人を楽しくさせます。現実には不可能な事でも妄想の中でなら可能になってしまいます。キレイな女性を見て、「あんなことやこんなことが出来るかな」と考える事が面白いのではないでしょうか。
ただし、妄想は実践してしまうと犯罪になりますので絶対にやめて下さい。例えいけない事を考えていても、誰にも言わなければ良いだけです。妄想は常に自分の内に秘めておきましょう。
女性は反対に見える方が良い
男性は見えない部分に興奮しますが、女性は見る事で興奮します。例えば、マッチョな男性を見て妄想を膨らましたり、男性の性器をみて想像したりします。男性と女性ではフェチを感じる部分も正反対です。
変わった部分に発情する人達
フェチは、見える部分だけではありません。性格のフェチも存在するのです。他にも声フェチやかわいい子が持っている〇〇フェチなど、実は何でもフェチになってしまいます。あなたは何フェチですか??
男性も女性も、エロい事は嫌いと言いながら、実は誰もが興味はあります。どんな仕草や場所が一番興奮するのでしょう。あなたのフェチは何ですか??