男性器があの形をしているワケ

男性器は伸びたり縮んだり、柔らかかったり堅くなったりと、何とも言えない不思議な動きをします。人間の構造とは良く出来ているもので、男性器があの様な形をしているのには、ちゃんとしたワケがあるそうです。

女性器を傷つけないために

全体は堅くなるのに、亀頭の部分だけ堅くならずフニフニしています。実は、女性器を傷つけないためのもので、奥にあたっても痛くない構造になっているそうです。
他にも、男性器の皮には、単に伸び縮みするためだけのものではなく、ピストン運動をスムーズに行うための機能もあります。

亀頭がキノコ型なのには本能的なワケが!?

人間も動物なので、出来れば自分の子孫を残したいもの。亀頭に返しが付いているのには理由があります。

動物的な本能ではありますが、他の男性の精子が先に入っている場合、自分の性器を入れた時に、ピストン運動で前回の精子を掻きだすために付いているようです。
さらに、引っかかりがある事で、男女共に、より快感を味わうために進化したとも言われています。

ちなみに…最後に残した精子には、ライバルを寄せ付けないために、後から入ってきた精子を殺す天然成分が含まれているそうです。男性器や精子には、自分の子孫を残すための様々な機能が備わっています。

先に入ってしまえば安泰、と言う事は無く、受精するためにいろんな工夫が施されている様です。

ベストな形

男性器は、大きさ、長さ、太さ、堅さなど、何故あの形状をしているのかと言うと、女性器にフィットするベストな形だから、だそうです。古来人間は、現在のような法律や常識が無い頃は、子孫を繁栄させるために、毎日違う相手と行為をしていたと言われています。

そのため、男性器も女性器も今の形に進化して行ったのだとか。快適な営みを行うためには、サイズや形は欠かす事の出来ないものなのかもしれません。

男性器には、いろんな本能的な機能が備わっています。知っているだけで得をすることもあるかもしれません。

Copyright(c) 無駄な知識シリーズ~「男性器」のこだわり~ All Rights Reserved.