早いのがお好き?女性は早漏と遅漏にどのようなイメージを持つのか

当サイトでは主に男性器の大きさについて論じていますが、女性にとっては、その男性の「イク」のが早いか遅いかというのも重要な問題です。この記事では番外編として、私がこれまでに出会った女性らから聞いた、早いのがいいのか、それとも遅いのがいいのか、その理由は何なのかといった話をご紹介したいと思います。

Aさんの場合――早すぎるのはちょっと

まずは私が過去に付き合っていた女性、Aさんから聞いた話をいたしましょう。彼女は、早漏でも遅漏でも、好きな男性であれば基本的に構わないというスタンスでありましたが、本音を聞くと「早すぎるのはちょっとね」と答えてくれました。彼女曰く、自分は挿入されてからが一番気持ちいいと感じるので、早漏だとその快感を得られる時間が減ってしまうから、できれば人並みがいい、とのこと。

しかし、早漏であったらあったで、回数をこなしてくれるならOKとも彼女は言っておりました。逆に、イクのに1時間も2時間もかかるような遅漏さんは、今まで出会ったことがないからわからないけど、「たぶんきついかも」とのことです。なぜかというと、挿入から10分~20分くらいのセックスに慣れてしまっているので、それ以上長く続くと気分がしらけてしまうかもしれないから、だそうです。

Bさんの場合――遅漏だと疲れる

Bさんは私が以前、体だけの関係を築いていた方です。とても献身的で、フェラチオなどのプレイにも積極的な方なのですが、「遅漏は疲れるからいや」と語ってくれました。Bさんは、生理の日などには、彼氏にお口でサービスをしてあげることが多いそうです。求められることも多いし、フェラチオは嫌いではないから、してあげるんだそうな。でも、遅漏だと長い時間、ペニスを咥えていなければなりませんから、顎が疲れてしまう。だから遅漏よりは早漏のほうがまし、と言っていました。

早漏の人については、やはりAさんと同じように「回数で勝負」とのことで、べつに悪いことだとは思っていないようです。勃起薬などで精力を高めれば、早漏の人でもじゅうぶんに女性を満足させられる、ということではないでしょうか。

Cさんの場合――ロングプレイがわりと好き

AさんとBさんは、遅漏が苦手な人でありましたが、Cさんは違います。この方は体の関係からやがて恋人として付き合いだした女性なのですが、長くセックスをするのがわりと好きとのことで、遅漏も全然OK、むしろウェルカムとのことでした。交際当時、大学生だった彼女は、中学時代から7、8年テニスを続けていて、人一倍体力がありましたから、長いセックスにも集中力を切らさずにいられるタイプだったのかもしれません。

それに対して早漏はどうかというと、べつになんでもないと彼女は言っていました。挿入してすぐいっちゃうのは、ちょっと困るけど、でもなんか可愛い感じがする。そんなふうに話していましたね。でもそれじゃあ気持ちよくなれないよ、と私が言うと、彼女は「(射精時間を長くするための)特訓したる」と答えました。やはり、どの女性も、早漏に対してそれほど悪いイメージを抱いていないようなのです。ですから、今現在、早漏だという方は、それほど悩む必要もないのかもしれません。もちろん、持続時間を長くしたり、回数をこなしたりするための努力は必要ですが、女性を満足させられないということはないですから、自信を持っていいと思いますよ。

Copyright(c) 無駄な知識シリーズ~「男性器」のこだわり~ All Rights Reserved.