ペニスを挿入する際の注意点や女性がよろこぶピストンの仕方とは

男性と女性では、愛撫に対する「感じ方」はぜんぜん違います。たとえば男性はわりと激しくされるのが好きだったりしますが、女性は必ずしもそうではありませんよね。それはペニスの挿入後も同じです。もしかすると、あなたのピストンの仕方では、彼女は満足していないかもしれないのです。この記事では、ペニスを挿入する際の注意点や、挿入後にどうすれば女性が気持ちよくなってくれるのかをご紹介いたします。
ペニスを挿入するときの注意点
ペニスを挿入するときには、ひとつ注意しなければならないことがあります。それは女性器の穴の周囲の皮膚が突っ張らないようにすることです。男性は、気持ちがはやるとどうしても、半ば乱暴にペニスを突っ込もうとしますが、それではいけないのです。ペニスを膣の奥に無理に押し入れると、女性器周辺の皮膚を巻き込んでしまい、突っ張って、女性にはそれが痛いと感じられるわけですね。
ではどうすればいいのかというと、まず膣内が十分に濡れていることを確認してから、先端を挿入し、腰を小刻みに前後に振りながら、少しずつ挿入してください。入れたり出したりすることで、皮膚がずももと中に引きずり込まれるのを防ぐことができます。セックスをするときには必ずこれを心がけてくださいね。
ピストンの仕方に注意
次にピストンの仕方についてです。男性はどちらかといえば、大きなストロークで打ち付けるように突くのが好きなのではないかと思います。しかし女性それではあんまり気持ちよくないんですね。もちろん、感じないわけではありませんが、もっと女性の悦ぶ仕方があります。ペニスを奥にまで挿入し、腰を前後に揺するようにするのです。
このピストンの仕方は、はっきり言って男性はそんなに気持ちよくないと思います。しかし女性にとってはこれが気持ちいいわけですね。彼女の足を自分の両肩に乗せて、ペニスを奥に挿入し、腰を前後に優しく振ってみましょう。彼女が感じてくれたら、少しずつスピードを速めてください。感度のいい女性なら、おそらく数秒で果ててしまうと思います。もちろん相性の問題もありますので一概にはいえませんが、そういう可能性もあるということです。
セックスの最中や終わったあと
セックスの最中は、ピストンのことだけに注意を向けていてはいけません。たとえば彼女のクリトリスや乳首をいじってあげる、キスをする、頭を撫でてあげるなど、いろんな方法で彼女を愛撫してあげてください。また時々体位を変えてあげると、彼女もいろんな刺激が楽しめますので、よろこんでくれるでしょう。どういう体位が好きか訊いて、それをやってみるというのもいいですね。
セックスが終わったあとは、しばらく余韻を楽しんでください。射精してすぐにベッドを離れ、煙草を吸ったり、シャワーを浴びたりすると、女性は「なんだよ」と怒ってしまいます。ベッドの中で抱き合いながら、すこしおしゃべりしてください。好きだよ、などと声をかけてあげると、彼女も喜ぶでしょう。
以上、セックスの際の注意点などをご紹介いたしました。男性はセックスの上手な女性が好きだと思いますが、女性だってエッチが上手な彼氏のほうがいいのです。ぜひあなたも以上のことを意識して、彼女を満たしてあげてくださいね。