男性器になぜコンプレックスを感じてしまうのか

これは昔から永遠のテーマと言っていいのではないでしょうか。女性のダイエットに似ているかもしれませんね。なぜ男性は男性器のサイズにコンプレックスを抱いてしまうのか、なぜ小さいより大きいほうがいいと思ってしまうのか、ちょっとその謎を紐解いていきませんか?
どうして男性器にコンプレックスを抱くのか
なぜ男性は男性器のサイズにコンプレックスを抱きやすいのでしょうか。それは、以前に比べると情報が入りやすい環境が整っているから、これが原因のひとつになっているようです。インターネットにアクセスすれば、すぐに調べたい情報へアクセスすることができます。瞬時にたくさんの情報を目にすることができるんですね。そのため、女性は大きい男性器のほうが好き、という情報も飛び込んでくるようです。しかし、インターネット上にあるすべての情報が本当に正しいのでしょうか。中には眉唾物の情報もあるようです。正しい知識を得るためには、平均的な情報を調べる必要がありそうですね。
比較する相手がAV男優になっていませんか?
AV男優は、その道のプロと言っていいでしょう。比較対象がAV男優では、ちょっと曖昧なになっていませんか? なぜならばモザイクが掛けられているからです。モザイクの中のぼんやりとした男性器の形が、見る人にとっては大きいサイズに見えてしまうことがあるようです。特に体格ががっちりした男優の場合だと、その体型に伴って男性器もたくましく大きいのだろうと想像しやすいみたいですね。モザイクの中を勝手に想像して自分のサイズと比較するのは、机上の空論です。見えないものにこそ想像が必要以上に大きくなりがちだということを覚えておきましょう。
他人と比較することがほとんどない
いくら男同士親しい間柄だからといって、男性器を見比べるようなことはしないと思います。露天風呂やスーパー温泉などにでかけたとしても、男性器にタオルをあてて隠す人がほとんどなので、実際に見る機会はありませんね。そのため、先ほどのAV男優の話ではありませんが、なんとなくその人のイメージで「大きそう」と思ってしまうわけです。勝手に想像して落ち込むことほど、時間の無駄ではないでしょうか。
そもそも計り方が間違っているかも?
男性器のサイズの測り方を学校で教わるようなことはありませんね。そのため、もしかしたら自分の男性器のサイズは間違っている可能性があります。インターネットなどでも男性器のサイズに関する情報がいろいろ流れていますが、そのサイズはどこからどこまでを測っているのか分かりませんよね。ですから、サイズを測って調べたいときは、どこからどこまでを計るか説明しているサイトを活用してみてください。平均的な数値から見て、自分の男性器のサイズがどの辺りに位置づいているのかがはっきり分かることでしょう。
いかがでしたか? 必要以上にサイズに神経質になる必要がない、そんな気がしてきませんか? 男性器の大きさで男性の価値が決まるわけではありません。サイズを気にするあまり、自分に自信が持てなくなってしまったのでは魅力が半減してしまいます。自分の長所をドンドン磨いて、魅力的な男性を目指したほうがいいような気がしてきましたね。