短小もダメ!でもデカチンはもっとダメ!

男は、自分のペニスのサイズを異常に気にします。とくに短小で悩んでいる方は、そのストレスでEDに発展することもあります。しかし短小だからと言って、それほど深刻に悩む必要はないと言えます。

むしろデカチンの方が、女性にとって脅威であると考えましょう。そこで、一般的な日本人女性にフィットするサイズを紹介していきます。

女性の意見を聞いてみた!

一般的な日本人同士のカップルに、セックスについてアンケートをとったところ、女性側の意見として「痛い」というものが非常に多いことが分かりました。男性が乱暴に女性を扱うこともありますが、「痛い」の主な原因はデカチンです。

短小サイズの人からすれば「ぜひ自分もデカチンになりたい!」と思うでしょうが、セックスは男女が共に楽しむものです。デカチンが彼女を苦しめることになってしまっては元も子もありません。

そして彼氏や夫のデカチンで痛みを覚える女性は、セックスを嫌がるようになっていきます。これでは本末転倒なので、女性が痛みを覚えるようなデカチンであるなら、むしろ短小サイズの方が女性にとって気楽と言えるでしょう。

どれぐらいのサイズが良い?

医学的な検証では「7センチあればセックスは出来る」となっていますが、さすがに7センチでは短小すぎます。一般的な日本人女性にフィットするのは13センチ~15センチと言われていますが、それよりも大切なのは「硬度」です。いわゆる「硬さ」ですが、サイズよりも硬さに快楽を覚える女性は多く、理想は正常位で手を使わずに挿入できる硬度と言えます。

なぜ外人のペニスはフニャフニャなのか?

洋モノのアダルト動画を見ていると、男優のペニスはフニャフニャです。立派なサイズなので羨ましくなってしまいますが、逆に硬度に関しては日本人男性に軍配が上がります。

そもそも勃起は、ペニスに血液が流れることで起こります。しかし流入する血液量はペニスの大きさに関係なく同じ程度であることをご存知でしょうか?そのため、デカチンだと硬さを維持することが出来ず、動画の通りフニャフニャになってしまいます。

そこで男性器を硬くするために生まれたのがフェラチオです。フェラチオはヨーロッパで急速に広まったのですが、要するに、男性一人の力ではペニスの硬さを作ることが出来ないというわけです。

普通サイズが一番です♪

上記の通り、短小でもセックスをすることは出来ますが、体位が限られるなどのデメリットもあります。一方、デカチンは女性に苦痛を与えてしまう可能性があり、体の相性が良い女性が限られてしまいます。さらに「太い」となると、もはや挿入時点でアウトでしょう。

「短小もダメ、でもデカチンはもっとダメ」の通り、普通サイズが一番だと言えます。あまりデカチンにこだわるのは止めましょう。

女性は、男性が想像する以上にセックス中に痛みを感じます。女性の体を優しく扱うのは当然ですが、デカチンで女性が痛がるならローションを使ったり、前戯をしっかりしたりするよう心がけましょう。

Copyright(c) 無駄な知識シリーズ~「男性器」のこだわり~ All Rights Reserved.