ドーンと見せます!ペニス雑学の決定版!

男性のペニスに関する雑学は多くありますが、意外と知られていないのも事実です。そこで、たくさんのペニス雑学を一気に紹介しましょう!これであなたもペニス博士!?

ペニス雑学のアレコレ

それでは一気に紹介していきましょう。

■日本人男性のペニスの平均角度は、水平から上26度
日本人の角度は世界トップクラスです!

■九州男児の精液に含まれる精子の量は、東京の男性の2.2倍
やはりストレスが関係しているのでしょうか…?

■正常位は、男性にとって腰への負担が最も軽い体位
意外でした…

■思春期前に去勢すれば、ハゲない可能性大
絶対に嫌です!

■駅弁の体位は陰茎折症になる危険あり
腕の筋肉を鍛えましょう♪

■睾丸は、40歳をピークに軽くなっていく
年齢には勝てませんねぇ…

■精液が飛び出す勢いは、20歳をピークに衰えていく
たしかに若い頃は「どこに飛んだ!?」という状況がよくあったような…

■男性の約85%は、左側の睾丸が右より下がっている
た、たしかに!

■陰茎折症の一番の理由は、朝立ちした父親に子供がふざけて飛び乗ること
時として子供は残酷です…

■陰茎折症の二番の理由は、オナニーで無茶をしたこと
たしかに気持ち良いけど…

■古代ローマ人は殺した敵のペニスを切り落としていた
そうすると「生き返らない」と信じられていたようです

■セックスを頻繁にする男性の陰毛は、キューティクルが剥がれて長くなる前に抜ける
陰毛が短い男性は絶倫…なのか?

■ペニスの性感帯のほとんどは「カリ」の部分にある
ここを攻められると弱い男性も多いはず!

■睾丸に性感帯はない
「舐められて気持ち良い」は勘違いの可能性あり

■90センチの射精を記録したことがある
研究過程でたまたま好記録が出たそうです♪

■睾丸は毎秒3000個の精子を作っている
働き者ですね

■女性のクリトリスも朝立ちする
男と一緒♪

■グーグルで「バイアグラ」を最も検索するのはイタリア人
さすがスケベ大国です。ちなみに、2位はイギリス、3位はドイツです
しかし日本でも愛用者は増え続けているようで、2014年にジェネリック品も登場したそうですので、ますます普及するのでは?いずれ欧州トップ3の一角を崩すことになるかもしれません。

■勃起時のペニスの血流量は、通常時の約8倍
小さい人ほど硬くなるようです

■精子はマイナス17度で凍結するが、融解するとまた動き出す
小さいですがスゴイ生命力ですね♪

■能登半島の「能登」の語源は、アイヌ語の「勃起したペニス」
アイヌ語で平常時のペニスを「ノ」、勃起時を「ト」と言い、能登半島が勃起したペニスの形に似ているからそう名付けられたという説があります

■日本人のティッシュ消費量は世界一
そうなんですね…

■中国には「チンポー湖」という湖がある
有名な話かもしれませんが…

■クジラのペニスが勃起すると、直径約30センチ、長さ3メートルにもなる
突き抜けちゃいますよ…

■イルカの中にはゲイがいる
賢い生き物ですから♪

■チンパンジーは約3秒で射精する
遅漏だと敵にやられてしまいます!

いかがでしょうか?まだまだありますが、上記を見ると色々な雑学があるものです。ぜひ男同士の会話のネタに使ってください!

Copyright(c) 無駄な知識シリーズ~「男性器」のこだわり~ All Rights Reserved.