ローマ時代から行われていたペニス強化法って!?

デカいだけが全てではない!とはいえ、やはり男としては大きなペニスに憧れるものです。できることならば巨根となって女性から羨望の眼差しを受けたいと思うことでしょう。デカい男になるために、果たしてどのようなことをすればいいのか?古今東西、様々なペニス強化法についてご紹介をしていきます。

古くからある伝統の金冷法

ペニスの強化法として古くから行われているのが「金冷法」と呼ばれるものです。実は古代ローマを起源とする歴史ある方法で、精力をアップしてたくましいペニスを生み出すと言われています。やり方はとても簡単で、睾丸にお湯とお水を交互にかけていくというもの。細かくは諸説ありますが、温水・冷水をかける行為を7セットほどやるのが一般的になります。
確かに睾丸にある精巣は体温よりも低い温度、だいたい31℃~33℃くらいで活発に活動するとされています。冷温交互にかけることで陰嚢の体温調整機能(袋が上下に動く)を刺激することができるのです。簡単にできるものなので実践してみてください。

モミモミペニスストレッチ法

まず勃起の簡単なシステムをご紹介しますと、性的な刺激を脳が感知し股間周辺の血管が拡張します。そしてペニスの海綿体が血液を貯めこみ、固くたくましい勃起が出来上がっていきます。つまり血流が良い方が勃起には良いということですね。
ペニスストレッチ、またはマッサージ法は陰茎をほぐすことで血流を良くすることを目的としたものです。勃起していない状態でペニスの付け根から先端に向けて優しくマッサージをしていきましょう。先っちょまでいったらまた根本までゆっくり揉んでいきます。それだけでも十分ですが、先端を指で摘んで軽くペニスを引っ張るのも効果的です。付け根から先端までストレッチされますので血の巡りが良くなるのです。
あまり強くやりすぎると逆に血流を妨げてしまいますので気をつけてください。

簡単すぎるノーパン睡眠法

簡単にできる方法としてノーパン睡眠法というのもあります。誰でも夜はベッドに入って眠りますよね。その際、下着や寝間着を着用しているかもしれませんが、ノーパン法ではパンツを脱いで就寝します。
実は下着のゴムというのは股間周辺の血管を圧迫してしまうというデメリットがあるのです。就寝中、人間は体の調子を整えていき成長ホルモンなどが分泌されます。栄養が流れる血管がパンツによって圧迫されていたとしたら……せっかくのペニス成長が妨げられてしまうのです。ノーパンに抵抗があるという人はゴムが弱いパンツやふんどしなどでチャレンジしてみてください。

Copyright(c) 無駄な知識シリーズ~「男性器」のこだわり~ All Rights Reserved.