直接言えない男性器に対する女性の本音

男性は自分自身のサイズに非常に敏感ですが、女性から見て男性器のサイズはどう思っているのでしょうか。いくら親しい間柄でもこういった話を面と向かってすることはほとんどありませんね。ここでは、本当は女性がどう思っているのか、男性器のサイズについて女性の意見をいくつかご紹介していくことにしましょう。
サイズが小さいと気になること
女性側は男性のサイズにはそれほど気にしていないという意見が多いようですが、自分は気にしていないけれど男性はどうなのかな?、と気になるそうです。性行為をしても気持ちよくなってくれるのだろうかと心配になってしまうそうですね。サイズが小さいから無理!、我慢できない!という声はあまり聞こえてこないようです。
サイズは自分と合うかどうかがカギ
男性のようにあまり話題にはなりませんが、女性にも膣のサイズがあると言われています。そのため「体の相性」という言葉があるように、男性のサイズが大きいほうがいいという女性もいれば、大きいと痛くて苦痛と感じる女性もいます。その逆も然りです。膣のサイズは目に見えて分かるものではないので、体を重ねあってはじめて体の相性がいいかどうかが分かるのではないでしょうか。後は「硬さ」に重きを置く女性も多いそうです。勃起不能を感じた場合、サイズではなく硬さを意識してみてください。今の時代は治療法も色々あるので、硬さを復活させるために色々試してみてはいかがでしょうか。
サイズより性交渉の前後が大切
女性が考えるのは、サイズではなく性交渉の前後をどう接してくるか、ここが重要なのだそうです。例えば、サイズが大きいことを自慢する男性の中には独りよがりの人がいるそうです。女性はただ痛いだけで性交渉が苦痛でしかないと言います。逆にサイズが小さくても、性交渉の前後にしっかり愛情を注いでくれる、愛撫に時間をかけて丁寧に扱ってくれるという男性に女性は胸をときめかせるそうです。男性はどうしてもサイズにこだわりがちですが、女性が求めているのは、女性を大切に扱ってくれる男性なのです。本当に愛してくれているのか、男性の行動や発言から汲み取る女性がほとんどであることを覚えておいてくださいね。
相手の事を本当に愛しているなら気にならない
女性は性交渉に愛情があるかどうか、ここに重点を置いているようです。そのため、男性を深く愛している、男性から深く愛されていることで安心感を覚えるといいます。日本人男性はあまり愛情表現が上手ではありませんが、性交渉中のセリフにもドキドキするという女性は非常に多いと言われています。ムード作りが大事なんですね。女性は脳で感じるという言葉があります。愛されている、大事にされていることで快感が倍増するわけです。サイズではないときっぱり断言する女性が多いのも頷けます。
いかがでしたか? 男性が思っているほど女性はサイズを気にしていません。それよりも、自分を本当に愛してくれているのかどうかが気になるのです。女性は脳で感じる、これをぜひ覚えて帰ってくださいね。勃起不全ではない限り、必要以上にサイズのことをこだわる必要はなさそうです。もしも勃起不全なら早めの治療をお勧めします。