仮性包茎は男性器の正しい姿だった!

「あなたは包茎でしょうか?」などと聞くと、どうしても構えてしまうのが男性です。最近では包茎の手術をする方も多く、以前と比べて安全に治療を受けられる時代になりました。しかし、なぜ人は包茎を嫌うのでしょうか?
男性側の意見としては、「小さいイメージがあって恥ずかしい」となるでしょう。女性からすれば「不潔」というイメージを抱きがちなので、包茎は男女両方から好感を持たれないものといえます。
ところが、仮性包茎であれば心配する必要は全くなく、むしろ「これが男性器の正しい形」と胸を張って言える…という説があります。
仮性包茎とは?
すでに皆さんもご存知だと思いますが、改めて仮性包茎を少しおさらいしてみましょう。包茎とは、余ったペニスの皮が亀頭を隠してしまうことであり、基本的には2種類あります。
1つは勃起しても亀頭が出てこない真性包茎であり、もう1つは勃起時に亀頭が出る仮性包茎です。日本人男性の場合、約7割が仮性包茎とも言われています。この仮性包茎こそ、本来ペニスとしてあるべき形と言われていると考えてください。
大丈夫なの?
真性包茎は勃起時も亀頭が隠れており、自分で皮を剥くことが出来ません。剥こうとすると強い痛みが走るため、やはり治療が必要です。性行為に支障が出ますし、キレイに洗うことも難しいためです。
一方、仮性包茎は自分の手で簡単に皮を剥くことが出来ます。したがってお風呂で清潔に洗うことも出来ますし、勃起時は亀頭が出るために性行為に支障が出ることもありません。
仮性包茎こそペニスの正しい形?
そもそも、なぜ皮が余ってしまうのでしょうか?その秘密は「亀頭を守る」という点にあります。亀頭の先からは精液が出るため、男性の体にとって非常に重要な部分です。その部分を守るために、皮が余るよう発達すると言われています。つまり「ペニスが短小だから皮が余る」のではなく、もともと皮が余るように成長すると考えておきましょう。
そして性行為の時には、精液を出すために亀頭が出ることになります。こうして必要な時だけ亀頭を出し、それ以外の時は守るという仮性包茎こそ、本来ペニスとしてあるべき正しい形と言えるでしょう。
なぜ仮性包茎は恥ずかしいのか?
ではなぜ、正しい状態であるはずの仮性包茎が嫌われるのでしょうか?第一に「短小」のイメージがあることが挙げられますが、最も大きな要因は「外国人のサイズ(白人や黒人)は日本人より大きい」という点にあります。
キリスト教では「割礼」という儀式を赤ん坊の時に行い、ペニスの皮を切ってしまいます。したがって大人になって皮が余ることがなく、ペニスも大きく成長しやすいと言われています。このことが「包茎=短小で未熟」というイメージを作ってしまい、男性の大きな悩みの1つとなっています。しかし仮性包茎こそ本来の形である以上、むしろ悩む方がおかしいと言えるのではないでしょうか?
短小で未熟だから皮が余るのではなく、「あえて余らせることで亀頭を保護している」こそ仮性包茎の正体です。もちろん清潔に保つことも出来ますし、性行為に支障が出ることもありません。「自分は仮性包茎だ…」と悩む方も多いですが、仮性包茎こそ本来のペニスの形だと考えれば、もう悩む必要はないと言えるでしょう。