世界の男性器の平均に隠された秘密

世界には、気候や環境によって顔立ちや体つきが違うように、男性器の大きさなどにも違いがあります。単純な違いではなく、人間の進化に伴った様々な理由があるのだそうです。

現在の、世界の男性器の平均は、それぞれの地域の事情に合わせて、なるべくしてなったと言っても過言では無いでしょう。どのようにして大きさが決まっていったのか…人種別にひも解いていきましょう。

元々は同じくらいの大きさだった!?

人間がまだクロマニヨン人だった頃は、人種も肌の色の区別もなく、皆が一緒だったと言われています。しかし、食料を求めたり、生活する場所を求めたりしていくうちに、別々に行動をするようになったそうです。

当然、場所によっては、気候が違っていたり、環境が異なっていたりするため、そこで対応出来るだけの進化を続けていったのだとか。男性器に関しても、環境などによって、現在の平均の大きさが決まって行ったと言われています。

黒人が大きいワケ

アフリカなどの熱帯地域は、生きていく事や子孫を残していくには難しい環境と言えます。限られた者のみ子孫を残す事が出来なかった為に、人間の中でも1番身体能力が高い人種となりました。

生きていく事が困難なので、優秀な者だけが生き残るために、身長や男性器も大きくなったと言われています。

白人と黄色人種の関係

ユーラシア大陸(日本も)は、東と西で、気候が違う理由から色が変わっていったと言われています。特に西洋人の場合は、食料があまり蓄えられず不足になりがちのため奪い合いなどが起こり、大柄で闘いに勝ち残った者が生き残り安かったため、身長が高い傾向にあるようです。

その点東洋人の住む地域は、温暖で水も十分にあります。食料に困らないので争いも少なく、子孫を残しやすい環境なので、身長や男性器など大きなものである必要がなくなっていったと言われています。

結果、西洋人は頭が賢くて身長などが高い人種に、東洋人は温厚で身長などが低い人種になったそうです。

男性器の大きさと人類の歴史は、とても密接な関係にあります。日本人の男性器の平均が、世界に比べて低いのも納得出来るのではないでしょうか??

Copyright(c) 無駄な知識シリーズ~「男性器」のこだわり~ All Rights Reserved.