小ささにこだわる男たち

日本人は世界的に見ても、男性器の大きさの平均値が低い国でもあります。だからこそ、大きさにこだわる方も少なくありません。無い物ねだりとも言えるでしょう。

大きさにこだわる方とは反対に、小さい事に誇りを持っている方もいます。彼らは、小さければ小さいほうが良いのだそうです。小さい事のどんなところにこだわりを持っているのかを聞いてみましょう。

愛らしくてかわいい

生まれた時から一緒に過ごしてきた息子は、切っても切れない関係なのだとか。大きいのは、迫力があって男らしいイメージがありますが、小さくちょこんと出ているものを見ると、かわいくてたまらないのだそうです。

一生付き合っていかなければいけないこともあり、半分あきらめ的な部分もあるのでしょうか??(笑)

ギャップがたまらない

普段の大きさが小さいと、興奮して大きくなった時とのギャップがたまらないのだとか。ムクムクと大きくなっていく息子を見て、感動してしまうのだそうです。

まるで、怒っていたのかと思うほど、平常時と勃起時のギャップに見とれてしまうのは、大きい方にはない誇れる部分かも知れません。

話のネタになり幅も広がる

小さい事にこだわりを持ち、自信を持っていると、銭湯などで友達に見られてもその後話のネタになるのだとか。いじられたりバカにされたりしてクヨクヨするのではなく、思いっきりネタにしてくれた方が、おいしい思いが出来て、逆に自信になるのだそうです。

自虐ネタでみんなを笑わせる事も出来るので、話の幅も広がります。中途半端なサイズよりは、小さい事で得をすることもあるようです。

他でカバーが出来る

小さな容器に大きな物は入りません。それと同じで、女性と行為を行う際でも、大きな方だと痛いと言われたり、入らなかったりする場合もあります。

その点、小さければ挿入時は満足してあげられなくても、入らないということはありません。前戯や他のテクニックで満足させてあげる事も出来ます。

小さいからと言って、無理に大きくする事を望むのはなく、プラス思考に考えてこだわっていけば、逆に自信に繋がるのかもしれません。小ささにこだわるのも悪くないでしょう。

Copyright(c) 無駄な知識シリーズ~「男性器」のこだわり~ All Rights Reserved.